理系女子の履歴書

東大から全国へ!学問を糧にテレビで活躍できる存在になりたい

東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 修士2年 南雲穂波【後編】

美しき理系女子学生の現在と、夢を実現するためのエネルギーに迫る「理系女子の履歴書」。第7回は、東京大学大学院で建築学を専攻する南雲穂波(なぐもほなみ)さん。後編では、彼女のもう一つの夢である芸能活動に焦点を当てたい。現実と理想のはざまで揺れ、悩み、そして彼女が導き出した答えとは?

高校時代から憧れていた東大のミスコン

東京大学大学院でカフェのテラス席について建築計画の視点から研究を進める南雲穂波さん。テレビドラマの影響で建築に興味を抱いた中学生時代。それと同時に、自分自身の価値観を変えるほどの力を感じたテレビの世界にも憧れを抱いた。
※【前編】の記事はこちら

大学進学前、ぼんやりと建築の道を志しながらもテレビの世界への憧れを捨て切れずにいた。悩んでいた南雲さんの指針を定めたのは、高校の先生が投げかけた言葉だ。

「『東大へ行ったらおいしいぞ』って言われたんです。実は、親から『マスコミと芸能界だけには行かないでほしい』と言われているくらい反対されていたんですよ(笑)。そんな中で進路を相談していた先生の言葉が、東大を目指す大きなモチベーションになりました」

「おいしい」に込められた真意は分からないが、確かに、建築業界に就職するにしても芸能界に進むにしても、どちらに転んでも間違いはない選択だろう。東京大学出身の肩書きを持つタレントは多いし、同じ建築学科を卒業している女優・タレントの菊川怜さんもその一人。南雲さんにとってはまさに理想の存在といえる。

「何かを始める前は、データを取って分析したり、計画表を作ったりするのが昔からのクセなんです」

大学生が芸能活動をスタートさせるには、やはり“ミスコン”に参加するのが王道だ。南雲さんも2年生から東京大学のミスコンに応募したが、何と2年連続で予選落ちしたという。それでも4年生のときには、三度目の正直でついに本選出場の切符をつかむ。結果、準グランプリに選ばれたが、当時は残念ながら芸能事務所から声は掛からなかったそう。

「グランプリじゃなかったからなのか、4年生だからすぐ卒業してしまうと思われたのか……。理由は分かりませんが、これが最後のチャンスだと思っていたのでとても残念でした」

開きかけていた夢への扉が、無情にも閉ざされてゆく。しかし強い思いは幸運を引き寄せるものだ。1年後、そのときは突然やってきた。

ミスコンではSNSに写真をアップするタイミングや、どんな発言をすると反応がいいのかなどを分析したそう。「そのかいあってかネット投票では人気だったみたいです(笑)」

大学院に進学したばかりの5月、学園祭の帰り道で今の事務所から声が掛かる。「諦めかけていたので、とてもうれしかったです」と、就職を選んでいたら巡り合えなかったであろうチャンスだった。

研究と芸能活動の両立、今が一番充実している

南雲さんが大学院進学を決めたのは、大学3年生のころ。学業では自分に建築意匠の才能がないと感じ、ミスコンにも落選。大きな挫折を感じた時期だ。目標を見失い、彼女は岐路に立たされる。就職するか、進学するか。

学校帰りに仕事の収録現場まで直行することもしばしば。真剣な表情で台本を読み込む南雲さん

「企業に就職するなら、就職活動を始めなければならない時期ですから焦りはありました。でも、自分が進むべき道を見極められていない状態で、その後の人生を決めることはできないと思ったんです。勉強も中途半端で終わってしまっては悔いが残りますし、とにかくそういったやり残しがないように、学生の間にしかできないことを精一杯やりたかったので、大学院への進学を決めました」

決意したことで、そのころから建築の勉強にも身が入るようになり、今はとても充実しているのだと南雲さんは笑顔をこぼす。大学院に通いながら芸能活動にも励み、さらに休みの日には資格を取るための勉強も欠かさない。これまでに二級建築士、漢字検定準1級などを取得し、今後は気象予報士の資格も目指したいという。

大好きな食べ物はパン。お店に詳しいだけではなく、パンシェルジュプロフェッショナルという資格を持っているそう

幼いころから数多くの習い事をしていたためか、今でもスケジュールが埋まっていないと不安になってしまうそう。「暇を持て余すくらいなら、少しでも自分にプラスになることをしたい」と、自分を高めることに対して労を惜しまない。

「昔は雑学とかは必要ないと思っていたのですが、クイズ番組に出させていただいたりすると、必要だったと痛感しています。いろんなものに興味を持ってアンテナを張っておくことは大切なんだなと。だから今は意識して多趣味でいようと心掛けています」

ジャズダンス、ピアノ、バレエ、茶道など、これまでさまざまなことにチャレンジしてきた

求められた自分ではなく、なりたい自分に

そんな南雲さんだが、卒業を今年度に控え、いよいよ将来の道を決めなければならない。気持ちは固まっているのだろうか。

「私は今まで、周りの人からどう見られるかを気にしすぎていたと最近思うんです。人から求められている自分であろうとしてしまうところがあって……。本当言うと勉強は苦手なんですが、ここまで頑張ってこられたのは両親の期待に応えたかったからなんです」

「『こうなりたい!』と宣言するのは少し怖い」と前置きしながら、今後はテレビの世界で活躍したいという素直な気持ちを教えてくれた。

「人には適材適所があると思いますが、特にテレビで活躍されている方は自分にしかできないことを見極めて、そこをうまくプロモーションしている。今はそこまでのものを持っていないので、まずは自分の軸になるものを見つけたいです」

「テレビの制作現場って、建築学科の課題の締め切り前と感覚が似ているところがあると思うんです。限りある時間とルールの中で、大勢の人が一つの作品をより良くしていこうと奮闘している。あの“カオスな緊張感”がすごく楽しいんです。そういう現場にいたいし、すごい人たちと仕事をしたいなと思っています」

二股道を前に、進むべき方向を定めた南雲さん。歩を踏み出すためにも、目下の目標は研究を進め、修士論文としてまとめることだ。

「人生の最終目標として、『やりたいことは全部やった!』って胸を張って言えるおばあちゃんになりたいんです。人生は一度きりだって思うと、何でもやってみようというエネルギーが湧いてくる。そういう意味では今進めている研究が一つの自信になると思いますし、テレビのお仕事を頑張る糧にもなると思っています」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • はてぶ!
  • LINE