ロボットが隣人になる日

 ロボットが隣人になる日

産業用から家庭用へと、その需要がより身近なものへと変化しつつあるロボット。過渡期とも言える今、研究・開発の現場では構造、機能、エネルギー効率など、ロボットが社会の一員になるための課題が浮き彫りになってきている。そこで本特集では、「動き」「素材」「エネルギー源」などの視点から実用化のゴールを目指すロボット研究の現場を取材。ロボットがより身近になるために必要なこととは何か、4週にわたってお届けする。