異常気象と温暖化の相関性

 異常気象と温暖化の相関性

猛暑、台風、ゲリラ豪雨。今、地球で何が起きているのか──。例年よりも早い梅雨明けで始まった2018年夏。われわれはさまざまな気象の変化に翻弄(ほんろう)されることになった。連日記録が更新される最高気温。西日本では広範囲・長期間にわたって豪雨が降り続き、甚大な被害をもたらした。さらに大型台風が毎週のように上陸し、雷を伴うゲリラ豪雨も各地を襲った。なぜこのような天候になったのか? そこに地球温暖化の影響は?各ジャンルの専門家に取材し、そのメカニズムに迫った。(デザイン:池田太郎 写真:ixstudio / PIXTA)