理系女子の履歴書

夢は生きた建築を造ること! 最適解を出せる建築士になりたい

近畿大学大学院 総合理工学研究科 建築デザイン専攻 2年 米村侑希子【後編】

美しき理系女子学生の現在と、夢を実現するためのエネルギーに迫る「理系女子の履歴書」。第13回は、近畿大学大学院 総合理工学研究科 建築デザイン専攻 2年の米村侑希子さん。後編では、幅広い建築に携わりたいという考えに至った経緯と、目の前に迫った社会人生活への意気込みについて話を聞いた。

多様な個性に触れることで建築の幅が広がった

一級建築士を目指し、近畿大学大学院で建築デザインを専攻する米村侑希子さん。大学入学から6年間をかけて建築に関する幅広い分野を学んできた彼女だが、そもそも建築を仕事にしたいと具体的に考えるようになったのはいつからだったのだろうか。
※前編の記事はこちら

「中学生のときに『建築って面白い』と感じてから、ずっとその延長できているので……いつなんでしょうね(笑)。あえて言うなら『だんだん』でしょうか。例えば水族館。昔は魚を見る場所としか思っていませんでしたが、次第に建物や空間の造り方ばかり気になってしまうようになって」

「オフの日は買い物に行ったり、友達とご飯を食べたり、プライベートは普通に過ごすのが好きです。普通でいることって、案外難しいので」

好きこそものの上手なれ。中学時代のそのときを境に、建築物の見方はどんどん変化し、高校時代には、大学で専門的に建築を学びたいという気持ちはしっかりと固まっていた。しかし、進学先として近畿大学を選んだのには、少し変わった理由があったようだ。

「学生の数が多いのが決め手でした。建築は、答えが一つとは限らないものなんです。それなら、良いも悪いも含めて、多くの考え方やパターンに触れて吸収しておくことが、将来的に大切だと思ったんです。実際、大学時代の設計の授業では『こういう土地にこういう建物を考えなさい』と、一つのテーマを与えられる課題が多かったんですが、学生はおよそ300人もいますから、発表のときは面白かったですね。同じテーマなのに結果がこんなに違うのかと、いつも新しい発見がありました」

「学内で好きな場所は図書館です。いろいろな学部の人が勉強や課題など、何かに熱中していて、それを見ると自分も頑張ろうって思えるんです」

“水都大阪”を盛り上げられるような文化施設を設計!

そんな米村さんは、「生きる建築」という言葉を大事にしている。これは自身が目指す建築士像につながっているという。

「『長期間にわたり、生きる建築を設計すること』が私の夢であり目標です。時間が流れ、時に改装を施されながら長く人々に使われる、そんな建築を実現するために、ありとあらゆる方向から設計できる建築士を理想としています。いろいろな制約に縛られた中でも、最適解を導き出せるスキルを身に付けたいですね」

「図書館や水族館など、多くの人に幅広く使われる建築を設計してみたいです」

長く使われるには、ただ建てればいいというわけではない。“生きた建築”の実現には、周辺環境との調和や、利用者を考えた回遊性のある空間作りなど、多角的な視点と、それを実現する技術が必要不可欠。米村さんがこれまで、計画、構造、デザインと幅広い分野を学んできたのは、全てそのためだったのだ。

「大学に入ったばかりのころは、建築デザインだけを専攻していこうと考えていたんです。でも、先生に『一級建築士を目指すなら、幅広く学んでおくべきだ』とアドバイスをいただいて。一級建築士の資格を取ることがそもそも大学に入った一番の目的なので、今思えばあのときに相談できてよかったです」

「大学院の1年目にはインターンも経験しました。建築だけを勉強していても、建築士にはなれないと教えていただいて、意識が変わりました」

おかげで力はついた。建築学部の卒業課題では、教授陣による学内の講評会で上位6選にも選出されたという。

「卒業設計では、『水辺の折り鶴』と題した日本文化体験施設をテーマにしました。川は大阪市の面積の1割を占めるといわれていますが、その昔に比べれば現在では人々の生活から遠くなってしまっています。大阪城の近くの川で何にも利用されていない場所があったので、そこに日本文化を楽しめるような施設を造れたら面白いんじゃないか、というのが着想でした。“水都大阪”を再び盛り上げる空間として、水辺が持つポテンシャルを発揮できるように計画したんです」

十分に評価されたにもかかわらず、米村さんはそこで満足はしなかった。

「テーマをイチから作ったというところに対する評価はいただいたんですが、もっとこうした方がいいというアドバイスもあって、やっぱりまだまだだったなって思いましたね」

大阪市内の川を走る水上バスの乗り場を兼ねた、日本文化体験施設として設計した「水辺の折り鶴」のポートフォリオ。大阪の魅力の一つである水辺を身近に感じられるように考えられている

春からは第一志望の事務所に就職

時がたつのは早いもので、6年間の学生生活も終わりを告げる。前編でもお伝えしたように、米村さんは来年度から念願の建築設計事務所で働き始める。4月から勤めるという会社は、どう決めたのだろうか。

「建築設計事務所の就職活動は思っていた以上に忙しくて。1年生の12月末~2月ごろには作品集と履歴書の提出締切になるんことが多いんです。私は駅や水族館、ショッピングモールなど何でもやりたいと思っているので、公共性のある建築プロジェクトを多く手掛ける事務所を狙いました」

その方が、自分のやりたい方向に進めるはず。しっかりと準備を重ね、見事、第一志望の建築設計事務所を射止めた。

「理想の上司は、本当にダメなときにはしっかり叱ってくれる人。いろいろ事情はあるのでしょうが、気を使い過ぎるのも良くないですよね」

「そこは、プロジェクトの内容も魅力的なんですが、面接に行ったときに、社員の方々の雰囲気が良かったのが印象的でした。内定をいただけたのはもちろんうれしかったのですが、就職がゴールではなくて、やっとここからスタート。そういう気持ちを忘れずに、これから頑張っていきたいです」

「いろいろな資格を取って、自分のできることの幅を広げていきたい」とも語ってくれた米村さん。彼女が手掛けた建物で、多くの人々が過ごすようになる日も、そう遠くはないだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • はてぶ!
  • LINE