特集

未来を作るエネルギーとは、そしてエネルギーが作り出す未来とは。4週連続で1テーマを掘り下げるEMIRAのメインコンテンツです。

生物エネルギーの真価

2017/11/27

生物エネルギーの真価

われわれ生物はエネルギーを使い、エネルギーによって動かされている――そんな生命活動に必要な熱量、燃料という意味でのエネルギーだけでなく、生物から発せられる電気やガス、分泌物や排せつ物などを有効活用して、人類のエネルギー源に展開しようとする研究が今、世界中で進められているのだ。本特集では、動物、魚、昆虫といった生物からのエネルギーの可能性を見つめ、これからのヒトとエネルギーの向き合い方を考えていきたい。

スマートシティ大解剖 at 柏の葉

2017/10/25

スマートシティ大解剖 at 柏の葉

ITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図り、省資源化を徹底した環境配慮型都市・スマートシティ。再生可能エネルギーの効率的な利用を可能にするスマートグリッドや電気自動車(EV)の充電システム整備に基づく交通システム、蓄電池や省エネ家電などによる都市システムを総合的に組み合わせた街づくりが全国各地で行われている。今回の特集では、その中でも内閣府の地域活性化総合特区に指定されているモデル都市『柏の葉スマートシティ』に焦点を当て、街づくりの最先端をレポートする。(デザイン:池田太郎 画像提供:三井不動産)

今始まる、海洋発電時代

2017/09/19

今始まる、海洋発電時代

全ての生物は海から生まれ、またその海に戻ろうとしている——。 今年8月、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とIHIが共同で、海流発電の実証実験を行った。2020年の実用化に向けて、“海の発電”に本格的に乗り出した格好だ。これまでにも波力発電、海洋温度差発電、海洋生物などエネルギー源として大きな注目集めてきた海。本特集では、その未来の可能性を探っていく。(デザイン:池田太郎 写真:RYO@DIVER / PIXTA)

次世代自動車が指し示す未来

2017/08/21

次世代自動車が指し示す未来

自動車の次世代最新技術の進化がめざましい。ハイブリッド車が世の中に増える一方、電気自動車(EV)の航続距離はバッテリーの進化から伸び始め、充電スポットを街中で見ることも珍しくなくなった。さらに、自動運転という言葉がテレビから聞こえてくることも日常的になってきている。ガソリン自動車がこの世に誕生してから約150年。果たしてモータリゼーションはどこに向かおうとしているのか。全4回にわたる今回の特集では、モータージャーナリストの川端由美さんと共に“今と未来”を探る。(デザイン:池田太郎 写真:PIXTA)

長寿時代の筋肉100%活用術

2017/07/17

長寿時代の筋肉100%活用術

平均寿命が100歳まで延びる——世界有数の長寿国である日本において、決して絵空事ではない未来予測が話題となっている。しかし一方で、「死ねない老人」(杉浦敏之著/幻冬舎)をはじめ「長寿は本当に幸せか?」を問う書籍が多数出版されるなど、必ずしも長い老後を喜ぶ声ばかりでないのも事実。そこには、人が元気に動ける期間=健康寿命の問題が秘められているのだ。そこで今回のEMIRA特集では、健康寿命を延伸するためのキーワード「筋肉」にスポットを当て、人の運動エネルギー、そして生命力を高める方法を検証していきたい。

未来はレーザーとともに!

2017/06/12

未来はレーザーとともに!

それ自体、高出力なエネルギーである「レーザー」。“21世紀は光の時代”とまで言われるほど社会にさまざまな変革をもたらし、中でもレーザーテクノロジーが今、ここ日本でさらなる飛躍を遂げようとしている。金属加工や半導体製造といったものづくりへの活用から、インターネットを代表とする情報伝達媒体として、また計測や解析、そしてエネルギーの創造──。本特集では、そんなレーザーテクノロジーの最先端を追う。(写真=PIXTA)