空想未来研究所2.0

グランドピアノをヒョイ!次世代忍者が修行で手に入れた忍術のエネルギー

「がらんの画眉丸」のエネルギーについて考えてみた

マンガやアニメの世界を研究する空想未来研究所が、今回取り上げるテーマは「忍術」。古くは赤影、近年ならナルトと、これまでさまざまな忍者たちが空想世界を彩ってきたが、今注目したいのが『地獄楽』(2018年~)の主人公・がらんの画眉丸(がびまる)だ。世界をとりこにする“NINJA”が秘めたエネルギーについて考えてみました。

世界で人気のNINJA、今オススメしたい地獄楽

欧米では、映画『燃えよNINJA』(1981年)の公開をきっかけに、大NINJAブームが巻き起こり、『NARUTO-ナルト-』(1999~2014年)で最高潮に達したという。

今でも「NINJAはどこにいますか?」と尋ねる外国人観光客がいるようだが、「どこにもいない」という答えしか返ってこないのが不思議らしい。ひょっとしたら「日本人はNINJAを隠している」「NINJAは日本人にすら存在を秘している」と勘繰り、いよいよNINJAの実在を確信しているかもしれない。

そうしたNINJAファンに、もちろん日本の皆さんにも、ぜひ読んでいただきたいのが、マンガ『地獄楽』だ。

主人公“がらんの画眉丸”は、石隠(いわがく)れの里の筆頭忍者だったが、訳あって抜け忍となり、それまでの多くの罪(彼にとっては任務)を追及され、奉行所で処刑されることになった。

ところが、この画眉丸、どんな刑を受けても死なない!

打ち首にすると、刀が折れる!
火あぶりにしても、装束が燃えるだけ!
牛裂き(2頭の牛で両足を逆向きに引く)にしても、脚力で牛を引き寄せる!
釜ゆでにしても、引火して燃え盛る油の中から出てくる!

しまいに奉行は「貴様なぜ死なんのだ!!」と問い、画眉丸は「おヌシらが下手だから…」と答える。が、実は本当の理由は別にあった。幕府御様御用(おためしごよう:刀剣の試し斬りや打ち首の執行を務める一族)の一人、山田浅ェ門佐切(さぎり)の尋問に対し、このように答えている。

「修行の中で多くが命を落とす。その代わりに超人的な肉体を得るが…」

なんと、修行によって、首が刀より硬くなり、炎にも、牛による股裂きにも、煮えたぎる油にも耐えられるようになった!?そんな修行に励んだら、多くが命を落として当然だろう。

その修行のかいあって、画眉丸は超人的な身体能力と、忍術を身に付けた。絶賛連載中のマンガなので、ストーリーには触れず、また火あぶりとか牛裂きとかはコワいので、エネルギーの観点から、画眉丸の忍術と身体能力に迫ってみよう。

グランドピアノをやりで放り上げる画眉丸

画眉丸が、驚くべき身体能力を初めて見せたのは、“いがみの慶雲”との戦いだった。

慶雲は、武芸者から100以上の武具を奪った荒法師。しかも超巨漢で、マンガのコマで測ると、その身長は、隣に立っていた山田浅ェ門期聖(きしょう)のジャスト1.5倍もある。彼の身長を170cmとすると、2m55cm!

そのうえ力士のような体形で、横綱白鵬(192cm・151kg)を基に計算すれば、推定体重は356kg!

この巨漢が、やりで突いてくると、画眉丸は穂先の根元を脇に挟み、それを支点にして両腕でやりを持ち上げ、慶雲を空高く放り上げた! 見ていた佐切と期聖も「あの巨体を…棒一本を力点に……投げた…!」と息をのむ。

しかも慶雲は、背中の笈(おい:荷物を入れて背負う箱)に奪った武具を入れていた。1本平均2kg(日本刀は1kgほどだが、金棒などもある)で、本当に100本あったとすると、200kg。体重と合わせて556kgである。

画眉丸は、グランドピアノ(261~415kg)を超える重量物を、やりで空中に放り上げたのだ!

このスーパープレイは、556kgの力ではできない。棒状の物体で物を持ち上げるには、テコの原理で大きな力が必要だからだ。

筆者が同じ体勢で測定した結果と比べると、身長160cmほどの小柄な画眉丸の場合、脇(支点)から手(力点)まで40cmほどになるだろう。

脇から慶雲(作用点)まで2mとすると、後者は前者の5倍だから、画眉丸が出した力は、持ち上げた重量の5倍となって2.78t。

なんと、画眉丸は腕で直接持ち上げるなら、中サイズのオスのシロサイ(2~3.6t)をリフトアップできる!

コンクリを砕くエネルギーが体内で爆発する画眉丸

では、このとき画眉丸が消費したエネルギーはどれほどだろう。

慶雲は、真上に突き上げたやりより高く放り上げられた。マンガのコマによる目測だが3mは上昇しただろう。このとき画眉丸が発揮したエネルギーは、テコの原理に関係なく(仕事の原理)、次の式で求められる。

【 発揮したエネルギー=持ち上げた重さ×重力加速度×持ち上げた高さ 】

重力加速度とは重力の強さを表す数値で、地表では9.8[m/秒2]。

するとエネルギーは、

【 556×9.8×3=1万6400J 】

となる。

そして、人間が何かをするとき、体内では発揮したエネルギーの4.67倍のエネルギーが消費される。このケースでは38万2000Jだ。日常生活でよく使われる[kcal]に直すと、1kcal=4184Jより、7万6400J=18.3kcal。

おや、いきなり数字が小さくなった?などと思った方は、早計です。成人男性は1日に2800kcalほどを消費するが、それは1日かけて消費するエネルギーであり、瞬間的に18.3kcalのエネルギーを消費するのは大変なことだ。

瞬間的なエネルギー現象というと、例えば爆薬の爆発があるが、18.3kcalとはTNT爆薬で換算すると19.2g分。これは1辺46cmの立方体=240kgのコンクリートの塊を砕くエネルギーだ。画眉丸の体内では、これが一瞬でさく裂するのである!

いくら岩隠れの里筆頭忍者とはいえ、人間にこんなことができるのか。

人間は、一瞬で全力を出すハイパワー運動(重量挙げや垂直跳び)では、筋肉中のクレアチンリン酸がエネルギー源になる。筋肉には、体重1kgあたり0.1kcal分のクレアチンリン酸が蓄えられている。

小柄な画眉丸の体重を60kgとすると、全筋肉中のクレアチンリン酸が蓄えるエネルギーは6kcalで、18.3kcalには届かない。

すると、残りの12.3kcalはどうやって供給されるのか。

短時間なら続けられるミドルパワー運動(短距離走や競泳)では、筋肉中のグリコーゲンがエネルギー源となる。体重60kgの人は、1400kcal分のグリコーゲンを蓄えているから、エネルギー的には十分だ。画眉丸は、厳しい修行によって、筋グリコーゲン(筋肉に蓄えられるグリコーゲン)でもハイパワー運動ができるようになったのではないだろうか。

ただし、グリコーゲンを消費すると、疲労の原因物質である乳酸が発生する。一瞬で18.3kcal分ものグリコーゲンを消費したら、大量の乳酸が発生し、疲労困憊(こんぱい)してしまうだろう。

だが、それは一般人の話。乳酸は呼吸によって酸素が十分に供給されると分解し、エネルギー源にもなる。画眉丸は、厳しい修行によって、猛烈な勢いで酸素を取り込み、乳酸すらもたちどころにエネルギー源にできるようになったのかもしれない。

体温が400℃に上昇する画眉丸

画眉丸の忍術で、エネルギーの観点から驚かざるを得ないのが、「忍法火法師(ひぼうし)」だ。敵に組みついて、自らもろとも炎上させる!

驚く佐切に、画眉丸は事もなげに言う。「体温を上げて皮脂を発火 単純だろ」と。

さらに続けて、画眉丸は次のように説明する。

・石隠れ衆は常軌を逸した修行を積む
・人間の域を超えた能力を手に入れる
・火を噴くのは序の口
・雲まで飛ぶ忍もいる
・海と一体になる忍もいる
・同じ人間とは思わない方がいい

火を噴くなど序の口! 雲まで飛ぶ! 海と一体になる! モノスゴイことが当たり前のように語られているが、「体温を上げて皮脂を発火させる」が、既に途轍(とてつ)もない話である。

皮脂はいくつかの動物性油脂から成る。動物性油脂が発火する温度は、種類にもよるが400℃前後。となると、画眉丸は体温を400℃にも上昇させた!?

これに必要な熱エネルギーは、次の式で求められる。

【 熱エネルギー=比熱×物質の量×上昇温度 】

比熱とは、物質の量(例えば質量)あたり、温度を1℃上げるための熱エネルギーのこと。比熱が大きいほど、温度は上がりにくくなる。人体の平均比熱は0.85[kcal/kg・℃]だ。

画眉丸の平熱を36.5℃とすると、上昇温度は400℃-36.5℃=363.5℃。すると、体内で発生した熱エネルギーは、

【 0.85×60×363.5=1万8500kcal 】

これも一瞬のことだから、体内で標準的なダイナマイト93本が爆裂したのと同じ!

そのエネルギー源として考えられるのは、体脂肪しかない。脂肪は1gあたり9kcalの熱を発生する。すると、消費した体脂肪は2kg。なんともスバラシイ忍法火法師ダイエット!

などと喜んでいる場合ではない。一瞬でこんなに体重が減ったら、ゲッソリやつれて周囲を心配させるだろう。

『地獄楽』は、中盤から「氣(タオ)」を中心に展開する。氣は「森羅万象に宿る命の源」で、これを自在に操ることで、超常的な攻撃や、鉄壁の防御、体の再生が可能になる。エネルギーの観点から、非常に興味深いので、物語がもっと進んだ時期を見て、ぜひ研究したい。

何をされても死なず、爆発的なエネルギーで攻撃する忍者。注目すべきは、それが魔術や、生来の超人性ではなく、常軌を逸した修行によって可能になったこと。つまり、選ばれた人間でなくても、厳しい努力をすれば、彼らに近づける。これは多くの忍者作品に共通する思想だ。だからこそ、日本の子どもや大人を、さらには世界のNINJAファンを引きつけてやまないのだろう。人間の想像力は本当に素晴らしい!

※記事では数値を四捨五入して表示しています。このため、示している数値を示された通りの方法で計算しても、答えが一致しないことがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • はてぶ!
  • LINE