1. TOP
  2. 特集

特集

未来を作るエネルギーとは、そしてエネルギーが作り出す未来とは。3週連続で1テーマを掘り下げるEMIRAのメインコンテンツです。

「復興」から生まれるイノベーション

2021/04/09

「復興」から生まれるイノベーション

2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年──。この間、被災地では復興の過程で新たな街づくりや産業創出が進められてきた。今回は中でも福島県の取り組みをクローズアップ。双葉郡浪江町で行われているEV(電気自動車)を活用したコミュニティづくりや、南相馬市で実証試験中の自然エネルギー×IoTによる農業改革。そして、双葉郡楢葉町にある開発研究施設で行われているロボットの実証試験など、復興をキーワードに生まれた新技術、イノベーションをレポートする。
(デザイン:池田太郎 左画像:株式会社⾺渕⼯業所・福相建設株式会社 中画像:国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 右画像:福島県双葉郡浪江町)

冷たいエネルギーの価値

2021/02/26

冷たいエネルギーの価値

「エネルギー」といえば電気や熱さ、運動や回転といったプラスに働くものがイメージされる。しかし、エネルギーはある一定の仕事をする能力を指すものであり、マイナスに働く“冷たさ”もまた、その一つに数えられる。古くから食物を保存する際などに利用されてきた「冷熱エネルギー」は今、サーバー管理のための冷却や発電への転用にも可能性が見いだされている。地球規模で温暖化が進む中で、冷熱エネルギーの活用技術と価値について掘り下げていく。(デザイン/池田太郎)

電動モビリティの「いま」と「みらい」

2021/01/14

電動モビリティの「いま」と「みらい」

日産が電気自動車「リーフ」を発表してから10余年。環境負荷軽減への対応をはじめ社会的ニーズの高まりとともに、クルマに限らずスクーターや自転車でも電動化がますます進んでいる。新たなライフスタイル・ツールへと変化しようとしている電動モビリティの最新事情を追った。
(デザイン:池田太郎 右上画像:本田技研工業株式会社 左画像:ヤマハ発動機株式会社 右下画像:メリダジャパン株式会社)

未来センシング

2020/12/23

未来センシング

腕時計やメガネが近年スマートウォッチやスマートグラスといった新たな電子デバイスとして生まれ変わったように、技術の進化はさまざまな道具を変革させる。その技術の根幹の一つが「センサー」だ。重さや長さといったシンプルなものから、体温や脈拍、物質の成分などまで、その種類は多種多様で、使われ方も千差万別。ウィズコロナの時代では、特にヘルスケアへの応用が期待されているが、これからどのような進化の道をたどっていくのだろうか。私たちの未来を変える最新センサー技術を探った。(デザイン/池田太郎)

温泉・地熱エネルギー

2020/12/07

温泉・地熱エネルギー

北海道から九州まで全国各地に温泉が湧く“温泉大国”日本は、アメリカ、インドネシアに次ぐ世界第三位の“地熱発電大国”でもある。実は日本の温泉街の周辺では地熱発電所が稼働し、日々、その再生可能エネルギーをより効率的に活用する研究・開発が進められているのだ。そんな“地熱”の活用を“温泉”という視点でとらえ、最新事情を探る。
(デザイン:池田太郎 左・右上画像:オリックス株式会社 右下画像:ヤンマーエネルギーシステム株式会社)

農業のニューノーマル

2020/11/09

農業のニューノーマル

長らく向き合ってきた食料自給率の低下や後継者不足に加え、新たに浮上してきた気象災害の激甚化や新型コロナウイルスの影響など、日本の農業は深刻な課題を数多く抱えている。これらを解決する術として、「AgriTech」(アグリテック:農業[Agriculture]×テクノロジー[Technology])への期待は大きい。新しいテクノロジーが生産農家に対し、どのようなニューノーマルを提案していくのか。日本の「農業の未来」について考察する。(デザイン/池田太郎)