海の風力を読む

 海の風力を読む

欧州では今、風力発電が「2027年には最大の電源になる」と予測されている。この20年ほどの間で、開発の舞台は陸上から洋上へとシフトしつつあり、近年では洋上専用の風力発電設備が開発された結果、発電コストが大幅にダウン、普及も加速している。大きな市場で進められるエネルギー源の転換。そうした中で、日本はどのように関わり、どう動いているのか。風力発電の先端と日本企業が進める国内風力発電事情を探り、その可能性を学ぶ。(デザイン:池田太郎)